ガゾーン関門都市圏

2018年04月21日更新

千財農園 千財藤園

公園種別
私有地 > 農園
公園施設
藤園、バラ園、売店、休憩所、便所、駐車場560台
場所
大分県宇佐市大字四日市4243
基本情報
入園料 (藤園)無料 (バラ園)大人100~400円、駐車場 終日無料、開園時間 8時~18時、開園時期 (藤園)4月中旬~5月中旬、(バラ園)年中、電話 0978-33-2388

2018年の開花状況と満開予想はページ下に記載

画像

千財農園のシンボル、藤タワー 藤棚から突き出る 2016年5月1日

画像

千財藤園入口 左手に農園直営の売店、右手に休憩デッキ 2017年4月29日

画像

入口付近 造成した斜面に大藤棚 人形は千財農園のマスコット 2017年4月29日

画像

斜め大藤棚の奥 千財藤園の藤は野趣に富む 2017年4月29日

画像

斜め大藤棚の藤 白藤に白紅藤を絡ませる 微妙な対比 2017年4月29日

画像

舞鶴城の藤 移植もの 藤の下に長椅子 2017年4月29日

画像

売店 新茶や抹茶アイス、茶葉やデコポンなどを販売 2017年4月29日

画像

茶畑を望む休憩デッキ 夕方まで人でごった返す 2016年5月1日

画像

茶畑を望むテラス 藤棚の庇が伸びる 2016年5月1日

画像

茶畑と藤棚 2017年4月29日

画像

藤の季節の千財バラ園 花がまばらで入園無料 2017年4月29日

千財農園の位置

あらまし

千財農園は、宇佐市近郊の小倉池南側に広がる会社経営の農園。広さ4ヘクタール(1万2120坪)。茶畑と製茶工場、みかん畑のほか、行楽客向けの藤園とバラ園がある。藤園は新茶を買いに来た方に楽しんでもらおうと新茶の季節に見ごろを迎える藤を植えたのが始まりで、現在は斜面地の2400坪に大藤棚が広がる。斜めに展開する大藤棚はあまり類を見ない。主人が全国から集めた藤の苗は、野田長藤、白藤、白紅藤、八重黒龍などの約250本。見ごろは例年4月下旬の1週間前後。

私設の藤園のため全国的には知られていないが、単体の藤棚としては日本最大級とみられる。これ以上のものは検索しても見つからない。ちなみに河内藤園の大藤棚は約1000坪。日本一を謳う天王寺公園の藤棚は約1500坪。圧倒的な規模の反面、観光藤園ほどには手入れが行き届かず、園芸的な完成度を期待するとがっかりするかもしれない。千財藤園を一言でいえば野趣に富む。多種多様な藤が複雑に絡み合い、無造作に生い茂る。野生の藤が群生したらだぶんこんな感じだろう。

園内は散策路がぐるりと1周する。舗装されて歩きやすいが、女性でも身を屈めなければ歩けないほど藤棚の位置が低い。観光藤園にありがちな堅いガードはなく、間近で藤の木を観察できるのがいい。至るところに長椅子が設置され、腰かけて風にそよぐ藤の花を見上げることができる。満開時は桜祭りのような花見会場となり、家族連れが藤の木の下にシートを敷いて持ち込みの弁当などを食べる姿が見られる。

入園料は無料。駐車場も無料。無料ゆえに人の流れを調整できず、満開時の休日は駐車場に入るにも一苦労、園内も大混雑で人込みに揉まれる。ただ、早起きな地元客が大半を占め、陽が傾くと客足が引くのも早い。16時にもなれば満開時でも閑散として、今日は早じまいかと不安になる。藤園入口の売店では新茶や抹茶アイスなどその場で飲食するもののほか、茶葉やデコポンなどの農産物を販売する。弁当類はない。新茶と饅頭でも買って、茶畑を望む休憩デッキでくつろげば幸せな気分になれる。

藤園と茶畑を挟んで相対するバラ園は2016年の開設。入園料は見ごろが大人400円、それ以外は100円。1500坪の園内に60種2000本のバラが咲き乱れる。しかし藤の季節とは重ならず、藤が枯れた後の5月中旬から7月下旬にかけて見ごろを迎える。

2018年4月7日作成

資料

2018年開花状況(4月21日現在)
ほぼ満開。今年は昨年より10日ほど早く、この週末が一番の見ごろになりそうだ。来週末では遅い。千財農園公式の満開予想は25日
交通アクセス
鉄道+タクシー JR日豊線の特急駅、柳ヶ浦駅で下車。タクシーで片道2560円~3190円(約20分) ※タクシーサイト調べ
自家用車(中津起点) 中津駅南口から県道213号→宇佐道路(国道10号バイパス)と直進、道なりに15.4キロ、31分
自家用車(高速利用) 東九州道宇佐インターから直通の宇佐道路に入り、四日市インターで下車してすぐ。宇佐インターからは3.0キロ、8分。別府~宇佐は33.8キロ、27分。大分~宇佐は48.1キロ、37分。北九州(小倉南)~宇佐は67.9キロ、53分。
遠方の方 宇佐神宮までの交通手段が充実するからそれを利用するのも一手。大分空港からは大分空港アクセスバスに乗車、「宇佐八幡」で下車、運賃1550円。宇佐八幡からはタクシーで片道2140円~2590円(約20分) ※タクシーサイト調べ
参照記事(外部サイト)
千財農園 - 宇佐市観光協会
園内の写真 - インスタグラム
開花情報等の口コミ - ツイッター
県内最大規模を誇る圧巻の“紫のシャワー”! - スオーナダフェリー
藤-花の人気品種の紹介 - ブログ
関連項目(ガゾーン内)
河内藤園 - 北九州市にある観光藤園。藤トンネルが有名。

ご意見等

公開 私信  

©2018 ガゾーン 転載自由。許可不要。著作権は関門通信またはその情報提供者に属します。

Senzai Nôen Senzai Huzien (Senzai Farm Wisteria Garden or Fuji Garden)